コンテンンツマーケティングって何?どうして必要なの?コンテンツマーケティングの基本を理解しよう

こんにちはなっちゃそです。

最近広告に関わるお仕事をしているということもあってマーケティングの勉強にはまっているので、勉強した知識を大放出していこうと思います。

第一弾の今回はコンテンツマーケティングの考え方について解説していきます。

それではいってみましょう!

 

コンテンツマーケティングの必要性について

 

どうして今コンテンツマーケティングが必要なのか

現在コンテンツマーケティングが重要視されている理由として最も大きなものが、従来までのネットマーケティングにおけるいかに安く効率よく新規顧客を獲得するかという刈り取り型の考え方が、顧客のニーズを育て、長期の関係性を築くことで生涯にわたってもたらされる価値を最大化しようとする考え方にシフトしたことが挙げられます。

かつてネットマーケティングの主役はSEM(リスティング広告)SEO(検索エンジン最適化)でした。

最近ではこれにリターゲティング広告DSPなどが加わっています。

リターゲティング広告とは

一度サイトを訪問してくれたが購入にはいたらなかったユーザーに対して広告を出すことで、サイトの存在を思い出してもらい購入を検討してもらう手法
 

DSPとは

Demand Side Platformの略で、広告主のためのプラットホームです。これを利用することで一度に複数サイトに好きな条件で広告を出稿することができます。

 

 

また、成果を見るための指標も以前はCPC(クリック単価)を上げることが中心でしたが、クリッック単価を下げることに限界を迎えたためCPA(顧客獲得単価)へとシフトしています。そして現在重要しされているのがLTV(顧客生涯価値)の向上なのです。

 

これまでの集客はリスティング広告が主流でしたが、現在ではリスティング広告の単価も上がり、かつては収益性の高かったキーワードも価格が高騰し過ぎて入札できなかったり採算が悪くなるという事態が起こっています。

 

リスティング広告は「今すぐに欲しい」と思っているユーザーをターゲットにしている広告で売り上げには直結しやすいですが、多くの広告主が限られた広告スペースを奪い合うため価格が高騰しています

この傾向は今後も続くため、現在リスティング広告に依存しているビジネスはコンテンツマーケティングを取り入れる必要があるのです。

 

コンテンツマーケティングの概念を理解しよう

 

コンテンツマーケティングとは、読者にとって価値あるコンテンツの制作・配信を通して見込み客のニーズを育成し、購入を経て最終的にはそのコンテンツのファンとして定着させることを目指す一連のマーケティング手法です。

これまでのネットマーケティング手法との違いは、従来の手法では商品に対するニーズが顕在化した「今すぐ欲しいユーザー」をターゲットとしているのに呈して、まだニーズが顕在化していない潜在層に対してコンテンツを通して自社の存在を認知してもらい購買へと段階的に後押しして行くことに重きを置いているという点です。

コンテンツマーケティングは、初めてそのコンテンツを見た人にいきなり購入を促すようなアプローチはせず、まずは自社が提供できるサービスに興味を持ってもらい、段階的に関係性を深めて行くという特徴から恋愛に例えられることが多いです。

好きな人(ターゲット)の連絡先を入手し、嫌われないように連絡をして徐々に距離を縮め、ゆくゆくは自分のことを好きになってもらうのです。

まさに恋愛と一緒ですよね。

また、コンテンツマーケティングは単一の手法を表す言葉ではなく、段階的なマーケティングプロセスの構築を目指した概念であり、考え方だと理解するとわかりやすいでしょう。

 

マーケティングと営業の関係性は変わった、売り込み型の広告宣伝はもう通用しない

 

消費者が自ら情報を取りに行く時代になった

コンテンツマーケティングへの取り組みは、マーケティング自体が不可逆的な変化から起こっているとされています。

現在、営業マンが企業を訪問しての商品を売り込みや、テレビコマーシャルのようなマス広告といった「売り込み型の」宣伝手法が通用しなくなってきています

その主な理由としては、近年はネットが世の中に広く深く浸透し、消費者が自分が欲しいものに関する情報を自分から積極的に探すということが当たり前になったことがあります。

言い換えると、消費者が自ら情報収集を行い、主体的に購入するかしないかの意思決定を行うようになったということです。

 

企業を訪問する営業マンが嫌がられるようになった

また、最近ではこれまでB to Bの世界で大切にされていた「出来るだけ顧客の元に足を運び、出来るだけ顧客に会う」という考え方がむしろ逆効果を生むようになってきています。

これは、以前までは顧客が情報を仕入れる手段が営業マンにあって話を聞くことに限られていたのに対して、現在では多くの情報をインターネット上から入手することが出来るため、わざわざアポを取り直接話すということが時間の無駄だと捉えられるようになったという背景があります。

最近ではこれにより、今後は多くの営業マンが職を失うとさえ言われています。

 

広告が無視されるようになった

B to Cの業界でもこういった変化は起こっています。

現代では、テレビのCMはボタン一つでスキップすることが出来るのでCMをじっくり見る機会はほとんどなくなってきています。

また、スマホを片手にテレビを見るながら視聴をする人も多く、CMが始まったら目線をスマホに移してしまうというケースが一般的になりました。

バナー広告も、基本的にはスルーするし、メルマガも開かずに放置するかゴミ箱に捨てちゃいますよね。

現代では広告は基本的に邪魔なものとして扱われてしまっているのです。

 

現代のマーケティングにはZMOTが欠かせない

 

従来まではFMOTが主流だった

従来の買い手のコンテンツモデルは FMOT(First Moment of Truth)という考え方が主流でした。これは、消費者の購買活動が刺激・棚・体験という3つのステップから成り立っているとするものです。

そしてこの「最初の真実の瞬間(First Moment of Truth)」とは消費者が店頭で商品をみるその瞬間が極めて重要だという考え方を表しています。

 

最近主流になりつつあるZMOT

一方で、現在はZMOT(Zero Moment Of Truth)という言葉が主流になりつつあります。

購買活動は従来の刺激・棚・体験の3ステップではなく、刺激・情報収集・棚・体験の4つのステップで起こっているとする考え方で、FMOTの前に真実の瞬間があると言われています。

そして、Googleが行なった市場調査では買い手はこの情報収集の段階で多くの情報を集め自らの意思で自分の集めた情報に基づいて意思決定を行なっているということが明らかになっています。

 

現代の買い手が探しているのは商品ではなく情報である

 

 ZMOTはこれからのコンテンツマーケティングの土台となる考え方なのでその特徴をポイントをしっかり抑えておきましょう。

コンテンツマーケティングの鍵を握る ZMOTの5つのポイント

  1. 買い手は商品を購入する前に自分で相当な量の情報を収集している
  2. 書いては情報収集の段階で、平均して10.6件の情報源に触れている
  3. 住宅、自動車、金融商品のような高額で買い手の関与度合いが大きな商品は特に情報収集行動が活発である
  4. 今では広告は興味喚起の役割しか果たさなくなっている
  5. 商品ごとに情報収集のタイミングが異なる

 

このような特徴を持つZMOTのおかげて広告のような刺激だけでは商品を買い手に選んでもらうことが難しくなりました。

これからはコンテンツマーケティングによって、普段から買い手が興味を持ちそうな情報を提供し続け継続的に買い手との接点を持つことが大切だと言えます。

そうすることで、買い手が商品の必要性を感じた時に選んでもらえる存在になることができるのです。

 

まとめ

 

広告の効果が薄れている今、潜在的顧客にアプローチし自分の存在を知ってもらい信用してもらうというステップは必須となってきています。

コンテンツマーケティングの必要性と概要についてしっかりと理解し、いざという時に顧客に選ばれるコンテンツを作成していきたいものです。

それでは、今回はこの辺で。

次回の記事ではコンテンツマーケティングを行うメリットとそのやり方について解説していくので気になる方はそちらもチェックしてくださいね。

コンテンツマーケティングのメリットとやり方

2018.05.20

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です