自分の仕事や職場環境は今の自分の価値の鏡だぞ。文句言ってる暇があったら実力をつけるべし

 

こんにちは、なっちゃそです。

最近本をまとめた図解があたり、Twitterのフォロワー様が増えてきているわたしですが、先日ついに1000いいねを超えるいわゆるバズを経験することができました!

わたしのツイッターは図解は拡散されるけどテキストは全くバズらない。

要はテキストのツイートは求められていないのか。。。

と落ち込んでいたので今回のバズはとても意外で、とても嬉しかったです。

拡散してくださった皆様ありがとうございました!

 

そして、そのバズったツイートがこちら。

 

これが広く拡散されたということはこの言葉が刺さった人が多かったということだと思うので、もう少し深掘りしてみようと思います。

 

 

自分の仕事の質や職場環境は自分の鏡だと考えられている人は意外と少ない

 

みなさんも

彼氏は自分の鏡だ

とか

自分の周りにいる人5人の平均年収があなたの年収だ

という言葉を聞いたことがあるんじゃないでしょうか。

 

でも、なんかみんな職場や仕事に関しての不満は急に人のせいにし始めません?

 

何か自分がやっている仕事や職場環境に不満があると

「なんでわたしがこんな仕事しないといけないんだよ。」

「俺は本当はこんな職場にいるべき人間じゃないのに。」

そんな風に考えてる人が多いように思います。

 

でも、

それって今のあなたがその程度の価値しかないってことを仕事の質が映し出しているだけの話なんですよ。

逆に、自分の価値を上げて行きさえすれば質のいい、面白い仕事がどんどん入ってくるということです。

意外と世界ってシンプルで優しいんですよね。

 

この言葉は完全に自戒。わたしも勘違いしていた時期があった

 

偉そうなことを言っていますが、わたしかて自分の仕事がつまらないのは周りのせいだと思っていた時期がありました。

フリーランスになりたての頃はどうにか自力で生活できるようになりたかったし、経験値を上げる必要があったので入ってきた仕事を問答無用で受けるしかなくて、

仕事として面白いと思えたり、やりがいを感じることめっちゃ少なかったんですよ。実は。

 

そして、

それを完全に人のせい(世の中のせい)にしていたのが当時のわたしですw

いやー我ながら本当最低だな!

 

そりゃ、独立したての何もできないペーペーに仕事頼みたい人なんでいないですよね。

価値で言ったらほぼゼロですよ、ゼロ!

 

だからおしゃれじゃない仕事も、つまんない職場も全部わたしの価値が引き寄せたものだったんです。

この状況って意外と客観視できなくて、自分に価値がつき始めた頃にやっとわかってくることだと思います。

わたしもそれをしっかりと自覚できたのってほんと最近です。

 

逆に最近は魅力的だと思える仕事を相談されたり、素敵な方を紹介していただけたり、明らかに目の前の景色が変わってきたなと感じます。

仕事への努力や投資って本当にわかりやすく蓄積されていくので頑張り甲斐がありますよね。

 

自責の気持ちを持つと世界は一気に生きやすくなる

 

人間は責任を逃れたがる生き物なので、何か不快なことがあった時に

「アイツのせいでわたしはこうなった」

と考えてしまいがちです。

でもそうやって他人に責任を求め始めると解決できないイライラが増えてしまうんですよね。

他人て基本的に責任なんて取ってくれませんから。

そりゃイライラの行き場がなくなって苦しくなります。

 

だから、「自分の身に降りかかった災難は自分のせい」と考えるクセをつけるべきだと思います。

確かに簡単にできることではないけど、できる人が少ないことだからやる価値があるんですわ。

 

そして今置かれている状況が自分が選択して自分が招いた結果なら、これからも自分で選択してどこでも好きなところに自分を置くことができると考えてみるといいと思います。

 

わかってるよ。

ポジティブ過ぎてウザいよね(笑)

 

でも騙されたと思ってこの考え方してみて欲しい。

絶対自分の人生生きれるようになるから。

 

 

ちなみにこの「自責の念を持つ」とか「主体的に考えて生きる」という話に興味がある人はこちらの記事を見てくれ〜!

7つの習慣を図解にしてまとめてみた

2018.05.22

 

ではでは。今回はこの辺で。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です