正式発表!なっちゃそは自由を手に入れた!

 

こんにちは、なっちゃそです。

先日(8月28日)やっと!やっと!不動産屋を退職しました――――――――!

いぇ―――――い!!!おつかれ自分―――――――――!!!!!!

 

退職手続き当日は心底清々しい気分だったんですけど、

その翌日はやらないといけないことと、やりたいことと、今後に対する不安が入り混じって完全に頭がパンクしたのか、書いても書いても思考が迷走しちゃって、自分でも何言ってるのかわからなかったです。

そしてようやく今日、今思うことをまとめることができています。(まだ絶賛迷走中ではあるけどねw)

 



辞めたことに後悔はないけど、不安は思ったより大きいよ

 

まず大前提として、わたしは今後自分の人生がどうなってもあの会社を辞めたことは後悔しないと思います。

それでも、

やっぱり会社に与えてもらっていたものもあったんだなぁ、

と肌で感じているのが正直なところ。

 

現時点で一番わかりやすいものは社会的信用かな。

 

例えば、家を借りたいとき

例えば、カードを作りたいとき

 

わたし自身は社会的地位なんて皆無でしたが、会社がわたしという人間に信用できる人物だという価値を無条件で与えてくれていたので、審査に通るかなどの心配はしたことがなかったです。

 

わたしにとって会社は社会に対する武器でした。

その武器がもう使えません。

完全に丸腰状態。

これからは個人の力で信用を獲得していくしかないんですね。

 

正直不安です。時代には合っているかもしれないけど。不安だよそりゃ。

また当たり前ですが、上司もいなくなりました。

上司と言えば、職場において自分を圧迫してくる存在で、そんなものいない方がいいと思う人もいるかもしれませんが、

 

多くの場合上司というものは責任を取るためにいます。

これまでわたしがした職務上のミスは全部どこかで上司がカバーや後始末をしてくれています。

だから新人でわからないことだらけでも様々な仕事に取り組むことができていました。(もちろんやりたくはなかったけど笑)

ですが、今後は自己責任。自分のミスは自分でカバーするしかないし、信用を失うたびに自分でゼロから構築し直すしかないんです。シビアな世界や…。

先輩のクレーマー先に上司が付き添って謝りに行っている姿とかすごく当たり前に目にしてたけど、実は当たり前なんかじゃなかったんですね。

 

そしてこれはほぼ余談ですが、今後規則正しい生活リズムをどうやって確立していくかという問題が実は結構深刻。

会社員時代は前日どんなに遅くまで勉強や作業をしていても必ず7時に起きて8時過ぎに家を出るというルーティーンがありました。

これからはそのルーティーンがありません。

もともと夜更かし大好き人間で、大学生時代は明け方、鳥のさえずりをBGMに眠りについて昼過ぎに起きる生活をしていたので、

今後の堕落が心配過ぎて眠れないよ。

 

ていうか、そんな人間を毎朝7時に起こしていた会社の拘束力ってすごいですね、改めて。

 

今後は毎朝8時に起きてコワーキングスペース巡りをしようと思っています(なるべく無料のところを攻めたい…)。

気に入ったところがあればここで紹介していきますね。

 

自由になりたいと思っている人へ

 

わたしも転職したいなー、とかフリーランスになりたいなーとか結構言われたんですけど、ぶっちゃけ

「いや、辞めればええやん?」

って思ったし、本当に今の会社がつらいなら今すぐ退職願い書くべきだと思うんですけど、

なんとなく今の仕事が嫌だからとりあえず辞めたいという動機で転職することはあまりお勧めできないです。

 

ましてや、「やりたいことがないから何となく」みたいな動機でフリーランスになるなんて絶対にやめとけと言いたいです。

 

わたしが退職を決意したのは

ウェブデザイナーになるという明確な動機があったからです。

そのための準備も十分ではなかったかもしれないけどしてきました。

 

いま自由になって言えるのは、

明確な目標なしでは絶対に失敗するよ、ということです。

 

目標があって、準備をしていたわたしでも目の前に広がる自由な時間に戸惑っているし、

この時間を生かすも殺すも自分次第なんだという半端じゃないプレッシャーを感じて今も記事を書いています。

転職はあくまで目標を達成したり、夢を叶えるための通過点だからね。

転職自体がゴールになってしまっている人はその後自滅する可能性大なので、一度立ち止まってよく考えた方が良いです。

辞めた先にやりたいことがあるのかどうか。

 

 

なっちゃその今後について

 

ここまでの話で誤解されている方もいるかもしれないので先に言っておくと、わたしは

「もう2度と就職しない」

と決めたわけではないです。(あ、活は死んでもしません、2度と。)

大事なのは自分の目指すところへ行くのにそれが近道になるかどうかなので、

もしなるのであれば、ぜひ就職したいと思っています。

1カ月半前、所長に退職したいとメールしたときは、

不動産屋を辞めてウェブデザイナーになるという単純なプランしかイメージ出来てませんでした。

ですが、それからブログを始めて、多くの偉大なプロブロガーの方のブログを読むようになって、

色々な働き方、生き方があること、

そして今は学歴、経歴を超越して個人の信用と発信力が力を持っているということをを知りました。

うわっ…わたしめっちゃ視野狭かったんだ……猛省。

 

そして、自分も努力すれば唯一無二の存在になれるのではないか、という根拠のない自信も湧いてきてしまいました。

何だろうこの、わたし行けるんじゃないかしら感……

ここから視野を広げて正しい努力を続けたら自分はどこまで行けるのか。

見てみたくなってしまいました。

3か月後、半年後、1年後、3年後の自分が何をしてどんな成果を出しているのかを見るのがすごく楽しみでございます。

 

Thank U for reading my story:ー)

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です