どうやらわたしは仕事が好きすぎるみたいだ。

こんにちは、なっちゃそです。

個人案件が途切れて約1週間ほど余裕ができて勉強したり若干休んだりしておりました。

今日軽い案件を受注させていただいたので、今日は普通に仕事していたんですけどね、

 

それが楽しすぎるんです。

というか仕事をしない日々がつまらなすぎました。

自分の仕事が好きだとずっと言い続けていますが、わたしはどうやら仕事をすることそのものが好きで好きでたまらないみたいです。

 

あんなに欲してた余暇なのに秒で情緒不安定になった

 

常駐を始めてから3ヶ月びっくりするくらい仕事が途切れなくて、毎日チカチカするくらい忙しかったんですよ。

一個終わったら次があって、なんなら2個同時進行でやらないといけなかったり・・・。

その結果、プライベートが一切なくなりました。

全ての誘いを断り、仕事後の飲みにも行かずに寝る時間以外は仕事していました。

仕事内容は全て自分が好きなことなのでそれ自体がストレスになることはなかったんですけど、本当にたくさん機会損失したんですよね。

行きたいイベントに行けない。

会いたい人に会えない。

そんなフラストレーションが溜まりに溜まって、色々考えてでた結論が

休む

でした。

この休みっていうのは身体を休めたいってこともあったんですけど、余暇を作って会いたい人にあったり新しいことを始めたりしたかったんです。

あまりにもカツカツなスケジュール、あまりにも余裕のない精神状態。

それじゃあ新しいことは生まれない。面白いことができない。

フリーランスなのに全然フリーじゃない。

 

だから常駐先をやめる決断をして、時間に余裕をもたせてみました。

 

そしたらもちろん時間の余裕はできたんですけどね、

 

1週間で見事に情緒不安定になりましたw

 

 

もう本当に仕事が欲しかった。

仕事してない自分に価値を見出せなかった。

バリバリ仕事している周りのフリーランスのみんながあまりにも眩しくて、羨ましくて、気づいたらTwitterも開けなくなっていました。

 

働いてる自分が一番好き

 

ここ1週間くらい本当に悶々と過ごしたんですけど、

昨日クライアントの方が連絡をくださって、今日からまた仕事をすることができています。

 

いやー、もう本当に楽しい!

 

もうね、仕事内容云々ではなくて働いてることがとにかく楽しくて幸せなんですよね。

前の記事では「手を止めてる間もお金を稼げるようにならないとだめだ」みたいなこと言ったんですけど、

フリーランス6ヶ月目、環境を変える決断をした話

2018.03.18

わたしは手を止めると全部がだめになるタイプみたいです。

きっと自分が働かずにお金が入るならその方が良いっていう人もたくさんいると思うんですけど、わたしはそうではなくて

仕事をするために仕事をしたい人間なんです。

 

あとですね、以前は

「仕事を減らしてプライベートを少し充実させてみよう。」

「新しい出会いのために外に出てみよう。」

と思っていたんですがそれが本当に本末転倒で、いざ時間ができてみると

仕事が中途半端な状態だと全力で遊べない

やるべことをやっていない時に素敵な出会いはない

ってことに気づきました。

自分がしっかりやるべきことをやっていない時に思いつくこと、出会うコミュニティってきっとどれも中途半端で価値がないんです。

逆に自分がやるべきことを淡々とこなしていると面白いことをやりたくなった時に迷わず投資できる資金があったりスキルがあったりするし、必要な時に必要な人に出会えるんじゃないかと思います。

 

でも自分を大切にする時間は作るべき

 

 

そうなんですよ。

ゆうてもフリーランスは身体が資本。

 

仕事に追われて食事も適当、睡眠も適当、美容も適当だったころは見事にメンタルがボロボロになって自分が嫌いになって、回り回って仕事に影響が出ていたし、めちゃくちゃ短気で彼氏にも刺々しくてそんな自分が本当にいやでした。

今でもその時に身体を適当に扱ったつけが回ってきていて、肌荒れや不調に悩まされています。

わたしは仕事に生きていきたいですが、仕事のために生きてるわけじゃない。

それを間違えちゃいけなかったんです。

人生に仕事を合わせるべきで、仕事に人生を合わせちゃだめだったんですね。

 

何が言いたいかというと、わたしは幸せであるために仕事をしていたくて、仕事をするために仕事をしたいので

よかったらお仕事ください。ほんとお願いします。

 

以上、おしまいっ!

 

Thank U for reading my story:ー)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です