男の年収を気にしてる暇があったら、自分で稼ぐ努力をした方がいい

こんにちは、なっちゃそです。

最近年収1000万以上の男性と結婚したい女性についてTwitter上で議論が交わされていましたね。

とか、

とか、

とか。

 

どれも激しく同意。

というかまだ女性は養ってもらえるものみたいな文化があるんだなぁという驚きしかない。

そして、男の年収を追っかけてる女性と恋に落ちちゃう男性はロクなもんじゃないから、

それと結婚したところで、どうせ幸せになれないってことに女子たちは早く気づいた方がいいよ。

 

 

女子たちよ勘違いすることなかれ、それはあなたのお金ではない

 

結婚したら相手のお金と自由に使うことができる、当たり前のように養ってもらえると思っている女性がまだまだ多いよね。

お小遣い制度にして、旦那が使えるお金を制限しちゃう人までいる。

でもそのお金、あなたのものじゃないからね。

女性は結婚して家庭に入れば働かなくていいと思ってる女性がいるから、

社会は未だに男性を中心に回っていて、自立したい女性が苦労するんです。

というか、

そのお金自分で稼ぎたくない?

悔しいと思わないの?

まさにこれ。

わたしも自分が稼げるようになる予定だから、パートナーの年収は知らないし、興味ない。

 

家庭の中だけでなく、社会でも男性に負けない権限を持って生きたい女性は、

金銭的に自立することを考えないとだめ。

 

自立と自由はセットなので、金銭的に自立していない状態で生きていくということは、

金銭的に自由じゃないまま生きていくということ。

だから女性も、お金持ちになることじゃなくて、自分が稼ぐことに執着するべき。

今現在稼いでいるかは別にして、

 

自分が稼ぐことにフォーカスしていれば、パートナーの年収なんて気にならなくなります。

そういった意識を持つ女性が増えることで、

社会から男性と女性の垣根がなくなってくれればいいなと思う、ほんとに。

 

男女平等の社会は男性が作るものじゃない

 

よく会社紹介なんかで、「女性が輝ける会社」とか、「女性も〇〇できる仕事」とかいう文言を見かけますが、

あれっておかしいと思いませんか?

女性は男性に輝かせてもらう必要なんてないんだよ。

自力でいくらでも輝けるから。

むしろ、「女性が〇〇できる」という言葉があること自体、男女が平等に扱われていない証拠。

だから、いつまでも他人任せにして、男性に輝かせてもらうのを待つんじゃなくて、

自分の居場所と仕事くらいは自力で見つけようね。

そして、それすらも男性に与えられている自分が、

男性の年収を評価していることがどれだけおかしなことか早く気付いてね。

そうなんだよね、

お金持ちと結婚するための1番の近道って、自分もお金持ちになることだから。

まず努力してみて、話はそれから。

 

1000万稼げる男性のお金以外に目を向けるべき

 

前半でも書きましたが、わたしは自分が今後稼げるようになるつもりなので、パートナーの年収には興味がありません。

(むしろ、嫉妬してしまうのでなるべく知りたくないです笑)

でも、1000万稼ぐことができる人には、

 

お金を稼ぐための人脈や能力があったり

お金があることによる時間と気持ちの余裕があったり

そこまでのプロセスや考え方を共有してくれたりすると思うので、

どうしても年収1000万の男性と結婚したい人は

「お金持ちと結婚して、養ってもらいたいわー」

ではなく、

「お金持ちと結婚して、ノウハウを全部盗んでわたしも負けないくらい稼いじゃうかー」

くらいの心持ちで探すべき。

 

あなたは男性が無条件で養いたくなるほど魅力的じゃないってこと

そして、あなたにも同じくらい稼げる可能性があるってことを

忘れちゃダメです。

 

 

Thank U for reading my story:ー)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です